知らなきゃ損!プロテインのおすすめ!一緒に摂取しておきたいHMBの効果

記事更新日: 2018/08/09

ライター: 久保乃介

 

プロテインてマッチョの飲み物でしょ???

ちがーーうんです!!

私も実際そう思ってた!元カレがストイックに鍛えてプロテインを飲んでいるのを横目に見ていただけの私でしたが(笑)

飲み始めるきっかけはジムに通い始めてから・・・あれ??楽しい!!と思い通い始め私もプロテイン仲間に!!('◇')ゞ

久保乃介

でたでたプロテイン~!とか馬鹿にしてたこと謝ります(笑)

今ではジムもあまりいってはいないけどプロテインはトレーニングしてる人だけが飲むものではない!とわかってからは毎日飲んでます♪

トレーニングしてる人もしてない人も大事なプロテイン!知って損は無い飲んで損は無いプロテイン!ダイエットしてる人にも飲んでもらいたい!

久保乃介

あ・・我が家では小学生の息子も飲んでいる。手軽に栄養補給できておすすめ!

 

 

プロテインの話

プロテインとは?

プロテインとは英語でたんぱく質のこと。

そのままやん(笑)骨・歯・髪・筋肉・内臓等体のいたることろがたんぱく質でできている。

たんぱく質が不足することでケガをしやすくなったり体調不良等起こすためトレーニングしているしていないに関わらずタンパク質は人間の体には必要不可欠なのである!

昔ではアスリートやボディービルダー等トレーニングする人達だけが飲むイメージが強かったプロテインですが今ではそうではない!!

プロの方たちにしてみれば普段あまり運動しない方や今では子供向けのプロテインがあるほど必要栄養補助食品だと考えられるのです。

だってプロテインて飲むと太るんでしょ・・・?って言う方・・・それは量を考えず只々飲んでるからいけない・・・。

とりすぎてあまったタンパク質は吸収されずに脂肪になってしまうこともあります。

久保乃介

甘いものが好きだったのでデザートの代わりに飲んでる!色んな味あるし結構満足する!

自分がどうなりたいのか、どれくらいの量必要なのか考えながら飲みましょう(笑)

必要摂取量はまた別で説明します。

プロテインの種類は?

 

プロテインは大きく分けて3種類あります。

どれを飲んでも同じ??

そうじゃありません!!

飲むタイミングも効果も違うのでプロテインを飲む場合は自分の生活や、活用にあったものを選びましょう。

ホエイプロテイン

 原料は牛乳。母乳の成分に近く低カロリーで必須アミノ酸やBCAAが豊富。筋肉の修復や骨の健康・体の免疫力を高めてくれる。

栄養が凝縮されており吸収時間が早いため運動直後にのむのがおすすめ。

ホエイプロテインは熱に弱い性質や乳製品が主な摂取源と限られているので効率よく摂取するにはサプリメントで摂るのがよい。

 

カゼイプロテイン

ホエイプロテイン同様原料は牛乳。

凝固型タンパク質で牛乳から脂肪とホエイを取り除いた残りの不溶性固形成分のこと。

必須アミノ酸やダルタミンが豊富。筋肉の修復を高めてくれるが摂取後はお腹で固まりゆっくり吸収されるため就寝前に飲むことににより寝ている間に持続的にタンパク質を摂取することができる。

ホエイが吸収時間が早いのに対しカゼイは長時間にわたり吸収する。腹持ちがよく満腹感もある。

筋肉をつけすぎずにメリハリが欲しい人やダイエットしている人向け。

カゼイプロテインだけの商品は少ない。

吸収の早いホエイ。吸収の遅いカゼイ。この二つを同時摂取することにより相乗効果が期待できるからである。

ソイプロテイン

 

原料は大豆でできており食物繊維やアルギニンが豊富。吸収スピードが遅い(接種後5~6時間)なので腹持ちがよくダイエット向き。

植物由来の「大豆たんぱく質」がたっぷり含まれている。

摂取後筋トレやウォーキングすることにより余計な脂肪を燃焼してくれるのでボディラインを整えたい人向け。

また抗酸化作用やコレステロール値を下げるなどホルモンバランスを整える役割もあるため、健康維持として飲むのもお勧めで、高齢者や女性にも人気がある。

タンパク質の必要摂取量は?

そもそも人間の体にはどれくらいのタンパク質量が必要なのか。

簡単に計算する方法として

☆日常生活で特に運動することなく過ごしている人

(体重1kgあたりタンパク質約1g程)

☆定期的に軽い運動をしている人

(体重1kgあたりタンパク質約1・5g前後程)

☆ジムやトレーニングなどを定期的にしている人

(体重1kgあたりタンパク質約2g程度)

(引用元https://www.weider-jp.com/protein/columns/detail/?id=48&category=performance)

タンパク質の量一覧

100g値のタンパク質保有量

鶏肉約25g前後

豚肉約20g前後

牛肉約20g前後

(お肉全般部位により偏りはあるが18~25g)

魚約18g前後(種類により16~20g)

野菜約2g前後(1~4g)

穀物3~10g

大体の目安です!

たんぱく質を100gとるとすると?

鶏肉約400g

豚肉約500g

牛肉約500g

魚約600g

魚肉ソーセージ約1kg

豆腐約1.4kg

納豆約600g

卵約9個

食事でたんぱく摂取できれば一番かもしれませんが、、、さすがにこんなに食べれない(笑)

食べたとしてもカロリーオーバー!!

だからこそ飲むのがプロテイン!!

プロテインは余分なものがとりのぞいてあり、必要な栄養素をとるのにはピッタリの栄養補助食品なんです!

 

プロテインをとるタイミングは?

運動後30以内!

まさにゴールデンタイムと呼ばれる時間。

筋肉が発達しやすいのは運動後の30分以内!運動後は筋肉が栄養補給と回復を行うため栄養を取り込みやすいベストタイミング!この時に必要な栄養をとらないと逆に筋肉が減ってしまうこともあるんです!運動直後に必要な栄養を摂取することで筋力アップに繋がります!

※トレーニングをしてない日でも飲むこと!筋肉は回復するのに2~3日かかるといわれてます。その間にも摂取することで筋肉回復のサポートになります。

朝食時

寝起きは体中の水分や栄養素が足りていない状態に!夕食後から起床時間までの長い時間帯は空腹状態にあります。睡眠中に分泌される成長ホルモンはタンパク質を利用して体を修復してます。

起床時に体の疲れが取れているのはタンパク質のおかげ。


就寝時

人は就寝中に成長ホルモンの分泌が活発になります。

成長ホルモンは筋肉の発達を助けるもので、就寝時にプロテインをとることで成長ホルモンの働きを促してくれます。

おすすめとしては就寝前の30~1時間前に摂取すること。理由としては就寝直前がと胃の負担になってしまうことと成長ホルモン分泌のピークは就寝後30分~3時間の間といわれているからです。プロテインの吸収時間が摂取後30分~1時間後のため寝る前の30分前までには摂取しましょう!

HMB

HMBとは?

HMBとは「ビス-3ヒドロキシ-3-メチルブチレートモノハイドレート」

の略称で必須アミノ酸のであるロイシンの代謝物です。

ロイシンは筋肉のもととなる筋タンパク質の合成にもっとも重要であるアミノ酸の一つ。

このロイシンが筋肉や肝臓で代謝され生み出されたのがHMB。

今やHMBで調べると飲むだけで筋肉UPだの脂肪燃焼等の記事がありますが飲むだけで筋肉がUPするのは残念ながらあり得ません(笑)筋肉UPにはもちろんのこと運動は必要です(笑)

だって筋肉増強剤でさえも筋トレは必要なんですよ・・・!

そもそも今までHMBなんて聞いたことなかったけど?

だからこそまだまだ認知されてないHMBですがもともとHMBは日本では食品に配合することが日本では認めてられていなかったからです。だからプロテインでたんぱく質を多くとるしかなかった!

2009年に厚生労働省によって食品へのHMBの配合が解禁になったためやっと認知されるようになったんですね。

HMBの効果

HMBはタンパク質の合成の促進タンパク質分解の抑制を行う機能があるため筋肉を増やし、筋肉減少の抑制をする働きがあるのです。

他に筋損傷の回復脂肪量の減少もあげられます。

HMBさえ飲めばプロテインはいらない?

よく企業広告でHMBのんでムキムキーとか痩せましたー・・・ってありますが・・・HMBだけでそうなることはありえません(笑)

HMBが注目を集めだしたのはここ数年の事。あくまでも補助的はサプリメントです。

そもそも役割が違うので筋肉の材料となるタンパク質量が不足していては筋肉の合成を促すHMBをいくら飲んでもダメなのです。

HMBのサプリメントを売っている企業は「プロテイン何杯分のHMB」等あたかもHMBはプロテインより優れているように過大広告することが多いですが全くもってそうではなくプロテインとHMBは上下関係にはありません。

効果がの働きが違うのでうまく併用することでお互いの効果を相乗的に引き上げることができます。

HMBの摂取量は?

HMBはプロテインのわずか0.5%!

例(プロテイン20g⇒⇒ロイシン2g⇒⇒HMB0.1g)

HMBの効果を最大限に発揮させるための推薦量が1.5~2.4gです。

6gまでは人体に悪影響や副作用は無いとされているものの、推薦量の2倍飲んでしまうと逆に効果が低減されてしまうようなので要注意!

HMBの摂取で抑制できるタンパク質の分解は普段運動をしていない程活発に行われます。

そのためトレーニング初心者の人ほど効果は実感できる傾向にあります。

ではトレーニング上級者の人はHMBは必要ないのか??そう思われるかもしれませんがそうではなく、

タンパク質の分解に関しては反応は悪いもののタンパク質の合成は同様の効果が得られるので飲んで損はありません。

摂取タイミングは?

摂取タイミングはプロテイン同様トレーニング直後・就寝前・起床後が有効的と考えられます。

HMB3gを一日三回にわけて、一回1g摂取するようにしましょう。

HMBも人間の生活にとって必要な栄養素。トレーニングOFFの日も飲むことをおすすめします( *´艸`)

HMB配合プロテインビルドメイク24

◆お試し定期コース約1か月分690g「4980円」

◆全額返金保証付き

◆ホエイプロテインとソイプロテインが入っているので即効性と持続性が一気に摂取できる

◆コストパフォーマンスがよい

◆一杯でHMBが1750mg摂取できる

◆医学雑誌にも掲載されるほど確かな実績

 

タンパク質多めにとりたい人はHMBプロテイン18000

 

◆ミックスフルーツ味で飲みやすい

◆一回の摂取でHMB1200gタンパク質22g摂取できる

◆一袋600g入り「6000円」

◆定期購入で「4800円」とお得

◆多くのトップアスリートが愛用している

タンパク質だけじゃない!色んな栄養もいっしょにとれるバランサー

 

 

◆栄養バランスが気になる方に(20種類の栄養成分配合)

◆55kcalと低カロリーなのに高栄養

◆一か月分で「4800円」定期購入の場合「4320円」

◆牛乳割でたんぱく質17g摂取可能

◆ダイエット中の方に

HMBだけ欲しいなら

◆業界最大級HMB吸収量3500mg

◆初回限定「500円」で買える

◆定期購入30%OFF「6340円」

◆世界134カ国加盟WBPF JAPAN公認サプリメント

ごはんにかける子供のためのタンパク質ごっちゃご飯

 

 

◆ごはんやおかずにいれられるので子供でも食べやすい

◆初回半額「1490円」

◆ホエイプロテイン・ソイプロテイン・卵白プロテインのトリプルプロテイン

◆子供の成長をサポート

プロテインを馬鹿にしていた私・・・ですが(笑)

今では子供にもちゃんと飲んでもらいたい!それがプロテイン!!!

逆に飲んでない人に言いたい・・・。

「え?飲まないの?なんで?」って!

必要最低限。健康的にダイエット。体作りしたい。っておもうなら飲んで実感してみましょう!

この記事を書いたライター

久保乃介

一児の母をしながら幼稚園のカメラマンをしています。

たまに便利屋的なことも(笑)

育児に仕事に奮闘中。人生楽しんだもん勝ち♪

遊ぶのも大好き!

 

この記事に関連するラベル

ページトップへ